忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

団体スポーツですが、1対1ですることは、サッカーの
ゲームにおいて珍しくありません。


積極的なプレーをすることは、悪くないですね。
むしろ評価するべきだと思います。


チャレンジ精神があって、失敗を恐れないでプレーできる
選手が、すばらしいプレーを生むと思います。


ディフェンスをするにあたり、やはり姿勢は重要ですね。
すばやく反応できるようにするためには、姿勢です。


腰を低くして重心を下げ、安定した姿勢をつくります。
足幅は、棒立ちではダメですし広げるすぎると動きが
鈍くなってしまいます。


重心は、体のセンターにおいて、どちらにも動けるように
しておきます。


左右どちらにも動けるようにしておけば、相手がどちらに動くか
分からなくてもすばやく動けるので、あっさり抜かれることは
防げますね。

 
サッカーがしたい!初心者に キック編
サッカーがしたい!初心者に テクニック編

野球を始めたい!野球のピッチングについて
野球を始めたい!野球のバッティング・走塁について
野球を始めたい!野球の守備について

PR

サッカーは、ゴールを目指しますから、方向性を
しっかり意識しましょう。


オフェンス、攻める側は、相手のゴールを意識しますが
ディフェンス守る側は、自分のゴールを意識しないといけません。


ゴールを守るためには、相手のシュートコースとゴールの
ライン上にディフェンスは、ポジションを取らないといけません。


ライン上に常にディフェンスがいなかったら、意味がありません。
相手にゴールさせてしまいます。


どうすればいいのか?何故必要なのか?自分で考えてできる
ようになりましょう。


間合い、自分と相手との位置もよく考えて行動しないといけません。
位置関係がいいと、ボールをとれる率が高くなります。


数字で表すのはどうかと思いますが、1メートルぐらいで
近すぎず遠すぎずの距離感がいいでしょう。


反対にいえば、自分がされてイヤな距離ですね。


近すぎると簡単に抜かれたり、遠すぎると相手は、
プレッシャーを感じませんね。


福祉住環境コーディネーターについて
福祉住環境コーディネーターの資格を取得する
福祉住環境コーディネーター(FJC)の資格はこれから

相手とボールを見ることは、重要です。
ディフェンスの時は、下半身から下を見て
足とボールの動きを、よく見て次の動作を読むことですね。


ボールだけを見ていては、ボールをとれないので
足の動かし方や重心を見ることで、自分が
より守りやすくなりますね。


また、相手にパスが通らないようにします。
パスが通って体の向きを変えさせないようにしないと
抜かれたり、シュートされやすくなりますから


相手を外に追い込んで、ゴールから離せば
シュートしにくくなり、失点を防ぐことにつながります。


とにかく、中に入れさせないことが重要ですね。
ゴールから離す、外に追いやることでシュートを
させないことですね。

理学療法士について 

理学療法士の資格を生かす職場

理学療法士の生活環境


理学療法士になるための目標設定

相手からボールを奪うには、タイミング次第ですね。
足からボールが離れた時に、足を出して狙うと
とりやすくなりますね。


一瞬でも遅れると、抜かれてしまうので
思い切った動きで、先にこちらがボールにタッチすることです。


ボールが足から離れた瞬間ですから、ボールが
足元にあるうちは、ボールコントロールができるので
とりにくいですね。


フェイントもつかっていくといいですね。
フェイントは、オフェンスだけでなくディフェンスも
使いますから、読みあいになってボールをとります。


相手を誘ったり、いくとみせかけて反対に動いたり
相手のうらをかくことで、自分のペースにもっていきます。

 

練習するには、意欲的で集中してやりましょう。
楽しくやることが、最大の上達方法だと思います。

その為には、いろいろな工夫もいります。


人それぞれ、サッカーを始めるきっかけは違いますし、
始める時期も違うと思います。


子供と大人では、基礎体力から違うので、自分に
あった練習量と練習の質を考えて、サッカーを
楽しんでいきましょう。


あまり無理をしすぎないということですね。


子供のうちはテクニックを磨いていけばいいでしょうし
一人ひとりのレベルが上がれば、チームプレーを
練習していくと、サッカーを順番に覚えていくと思います。


練習目的をしっかりと明確にすれば、ドンドン意欲や
向上心が沸いてくると思います。

上達も早くなるでしょうね。


大人は体力にあった練習をして、楽しんでいってください。

 
テニス 初心者
サイパン オプショナルツアー 旅行記
東京ディズニーランド 混雑状況

サッカーの動きは、体力も使いますし、激しい動きも
しますから、ウォーミングアップをしっかりします。


ストレッチで身体を伸ばしたり、関節を伸ばして
柔らかくします。


筋肉や関節をよく温めて、ケガのないようにしましょう。


かるいジョギングからしたり、腕や肩のストレッチ
下半身、足、足首や太もも、アキレス腱を伸ばしたり


上半身や下半身をひねったり、ボールを使っての
ストレッチなどをして、十分時間をかけてすることは
重要です。


よく準備運動すれば、ケガをしにくくなりますね。


ちゃんとした指導者が、いることが何よりですが
指導することの難しさを知っている人


特に、子供を教えるのは、その子供の将来を左右しますから
サッカーを楽しむ、サッカーのすばらしさを伝えることが
できれば、コーチの大役はできるでしょうね。


これは、サッカーに限ったことではないと思います。

 

 

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) かんたん!わかる!サッカー初心者ガイド All Rights Reserved